特集・なかの健康ライフ(3)【酸素カプセル東京エアフロー】

kenkoicon kenko_iskla kenko_goldgim
sanso_icon kenko_kineshio

 

46_16-17_title01

 「世の中が便利になりすぎて、簡単に健康を取り戻せると過信されている方が多い。健康な身体を手に入れるには、地道に一歩一歩しっかり努力するしかないのです」と真っすぐな瞳で語る長谷川恭子先生。健康の砦とも言える東中野にある酸素カプセル・東京エアフローを訪れ、長谷川先生のお話を伺うたびに魂をギュッとつかまれるような感覚を覚え、いつからか「健康について真剣に考えなくてはならない」切迫感に駆られるようになりました。読者の皆さん一人一人に向けて長谷川先生の現代社会に対する危機感と健康への熱い思いを、一生懸命お伝えしたいと思います。

 

生きている限り可能性を信じて諦めない

 私自身、幼い頃から金属・動物・ダスト・食べ物などアレルギーがあって、大変な思いをしてきました。体質のせいで薬や痛み止めも使えず、民間療法など調べられる限り試行錯誤を何十年も続けてきました。交通事故には2度遭い「一生車イス」とお医者さんに宣告されたこともありましたが、可能性を信じ諦めることなく骨格を整え続けて走れるようにもなりました。私は、種々の健康法を試して、言わば自分の身体を実験台にした経験を重ねてきたのです。中でも、酸素カプセルに初めて入ったときの感触は忘れようもありません。本当に身体がラクになるのを実感しました。それから様々な酸素カプセルを試し、海外の文献などを取り寄せては研究に明け暮れました。そして、もし若い頃に酸素カプセルに出会っていたら生きることはもっと容易だったかもしれないと感じました。

 

酸素カプセルの本来の良さを伝えたい

 当時から先進国では酸素カプセルは医療機器として利用され、米国では1回の治療が10万円といった価値、すなわち酸素は貴重なものという捉え方が一般的でした。ただ、私が実際に米国製機器を試してみると、機能重視で、急速に気圧が高くなり耳や頭に強い違和感がありました。私が望んだ酸素カプセルのあり方は、例えるならば気球に乗ってふわっと少しずつ上昇する感覚が味わえるような、気圧と酸素濃度が設定可能で、継続的に利用すればするほど身体に良い影響を与えてくれるもの。そのような機器を探し求めたわけです。もともと酸素は人間に無くてはならないものと認識していましたが、調べるうちに、現在私たちが自然に吸っている酸素は大気汚染などの影響で質が低下していることに気づかされ、良質の価値ある「酸素」は日常生活のなかでこそ活用されなければならないもの、と確信しました。ですからこの酸素カプセルは、たくさんの方たちにご利用いただきたいという思いの結実で、その強い思いであっという間に8年が過ぎました。
 ただ、私財の範囲で私個人のできる限界も思い知りました。朝6時半~夜10時まで、この酸素カプセルをご提供し、ご指導できる範囲で姿勢矯正に取り組み運営・管理していくには、どうしても睡眠不足に陥り、心身ともに酸素カプセルの助けが必要となって、カプセルに入ってはこれを補う生活。笑い話のようですが、医者の不養生ならぬ酸素頼みの日々が続いてきたのも、また事実です。いくら酸素カプセルでも、体内時計のサイクルまで矯正するのは難しいようで、「酸素カプセルの部屋」も、私が重篤な不調を来たす前に、システムや体制を見直してリニューアルさせて頂くことに致しました。ご理解のほどお願いいたします。ご利用の手引きは今号不掲載とさせて頂きましたが、ご利用希望の方はお気軽にお問い合わせください。

 

悪くなる前に予防することが健康の近道

 当然のことながら、健康であるためには不調になる前に予防することが一番。しかし、健康を失って初めてその大切さに気付くことが多いようです。元に戻れないこともあります。ならば、健康なうちに日々の生活の中で身体が必要とする手当てをすべきなのです。健康であれば好きなことにも挑戦できる。つまり、健康とは、夢を叶えられる最短の方法なのです。
昨年11月より、指先から採血した微量の血液で、その場で結果がわかる検体測定室を開設致しました。現代社会で問題となっている生活習慣病は自覚症状が現れにくく、気づかぬうちに進行してしまいます。そのため、血液中の関連成分を習慣的に測定することは、『結果を知って身体の状態を把握し、これから自分がどう過ごしていくべきか』を考えるきっかけになるはずです。ご自身の気づきが何より大切なのです。こちらもあわせて健康管理にお役立ていただけます。

 

みんなが幸せになって欲しい、と切に願う

 私は、今の時代を生きる人間として、次の世代により良い環境を引き継ぐことは責務と思っています。父の影響かもしれません。父は第二次大戦中、志望大学に合格した19歳で学徒としてフィリピンへ出兵し銃弾3発を浴びながら辛うじて生還しました。戦後、戦友の遺品を全国のご遺族へ届け、恩給を申請せずに片肺で勉学に励み大学を卒業後公務員となりました。日本の戦後復興のために心骨を注ぎ、後に特命を受けて家族と共に米国に渡り、日米関係修復等に奔走しました。私も11歳から米国の公立校に通い、第二次大戦後の悲惨さを肌で感じる経験をしています。怒りは怒りを、攻撃は攻撃しか生みません。『和を以て貴しとなす』は父の座右の銘でしたが、私も『負の遺産は引き継がず、みんなが幸せになれるよう努めなければ』と考えるようになりました。
 人間は誰しも幸せになりたい。幸せに不可欠なものは健康です。私がお伝えできる知識や知恵など微々たるもの。情報社会とはいえ、踏み込んだところまで医療情報を得ることも不可能です。私が願うのは、医療業界や行政の方々が情報、知恵、経験を分かち合いみんなが包括的に健康をケアできる環境が整うこと。これが本来の意味でのセルフメディケーションを支える姿では? また、身体のしくみや正しい使い方を学校教育に取り入れ低学年から学べば、姿勢矯正自体無用のこと。自分で予防ができるようになるはず。身体があっての人生です。自己管理に努めて、みんなで幸せな未来へシフトしませんか。

 最後になりましたが、酸素カプセルや健康について読者の皆様へご紹介できたことは、エフ・スタッフルームさん(おこのみっくすマガジン)のおかげです。「働く人の目線・生活者の感性を大切に、そして街に生きる意味を問う」という編集方針は私も共感するところです。

 

46_16-17_title02

月末の金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」が2月からスタートします。記念すべき初日の2月24日(金)16:00 ~17:50の110分、酸素カプセル+骨格バランス指導9000円を2名様で4500円(税抜)にてご利用いただけるよう特別にご予約を確保させていただきました。酸素カプセルは2台ございます。予約お申込みは、おこのみっくす編集部(電話03-5340-3968)まで。 46_16-17_01

 

≪酸素カプセルの部屋≫ 酸素カプセル 東京 エアフロー

【料金】
通常料金:
酸素カプセルコース45分:3,500円、60分:4,500円(延長10分1,000円)
プリペイドカード10,000円/20,000円/30,000円/50,000円
(ご購入当日から35%引き! 1年間有効)
※骨格指導についてはお問い合わせください ※消費税8%別途

住所…中野区中野 6-2-10
営業時間…6:30 ~ 21:00
定休日…水曜日・日曜日
交通…JR/大江戸線東中野駅徒歩8分、
東京メトロ落合駅徒歩7分、JR 中野駅徒歩12分
sanso10

TEL:03-3360-3307
E-mail:paa_info@yahoo.co.jp(返信に時間がかかる場合があります)
電話・初回入店時間は 9:00 ~ 18:00(つながりにくい場合があります)
※初回予約は2~3週間お待ちいただいています

 

mokuji next

 
 
 


投稿日時 2017-02-22

カテゴリー Vol46, おこのみっくすマガジン

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

Contents04
2017年2月5日
特集・なかの健康ライフ(1)【イスクラ薬局中野店】
  1月に日本気象協会が発表した「2017年春の花粉飛散予測」によれば、2016年の花粉飛散量と比べると、西日本を中心に2 ~ 3倍となるエリアもあるそう。既に症状に悩まされている方もチラ...
Contents05
2017年2月22日
特集・なかの健康ライフ(2)【ゴールドジム】
  「ゴールドジムって、ボディビルダーやスポーツ選手が通うイメージでちょっと気後れしちゃう」――なんて思っているアナタ、本当にもったいないですよ! おこのみっくすマガジンが取材を始めて5号...
o47_history_eye
2017年4月17日
おこのみっくすヒストリー
7年半にわたって中野の情報満載にお届けしてきた「おこのみっくすマガジン」。中野のお店や各種イベント、健康サポート記事、また福島いわきとの交流活動などを掲載してきました。思い返せばいろんなことをやってき...

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可