応援!福島●いわき×中野 食でつながる②

いわきの“うまい!”を凝縮
「七宝(しっぽう)まんじゅう」をどうぞ!!
7人の菓子職人が腕によりをかけた逸品ぞろい! ~中野でも販売スタート~

前号でご紹介した、いわきの特産物を使った「オリーブ麺」「ねぎ味噌かりんとう」「かつおジャーキー」に続く、第2弾「七宝まんじゅう」が誕生!!中野での販売を前に、編集部ではいわき食彩館㈱スカイストアをはじめ、開発・製造に携わったみなさんからお話を伺うことに。いわきの“うまい”がたっぷり詰まった取材レポート、ぜひご賞味あれ!!

あれも、これも食べたい【七宝まんじゅう】
1
箱(7個入)1,260円(税込) いわき市長も大絶賛!

vol30-4-1

「いわきのお菓子と地元の魅力を紹介したい」と食彩館の女性スタッフたちの思いが詰まった「七宝まんじゅう」。企画から立ち上げた佐藤江利子さんを中心に、「どんな特産品を使ったらいいのか」「だれでもわかりやすいものを」など7人の和菓子職人と相談しながら、ついに誕生した。いわきでは10月11日から販売スタートし、「手土産にピッタリ!」「お世話になった人に贈りたい」と売れ行きは好調だという。シニア層からは「銀の磯」の予想外の味に驚き、若者からは甘酸っぱい「苺のえくぼ」、酒好きには「酒蒸し真珠」が特に人気だとか。なんと、試食したいわき市長から「おいしかった!」とお礼の電話もあったという。七宝まんじゅうが、いわきの誇る逸品になる日も近い。

★リーフレットには、表面は7つのお菓子の紹介、裏面はいわきの観光名所も!!

 

挑戦の一品!! 新しい食の提案を●鈴木製麺
【オリーブ麺 200g440
円・税込】

vol30-4-2

オリーブの北限をあえて超えた、いわき。オリーブプロジェクトメンバーの鈴木製麺・吉田さんは、「オリーブをいわきの特産品にしたい」と麺の開発を3代目社長・鈴木千里(ちさと)さんに相談した。いわきで70年以上、手づくりとこだわり製麺を続けてきた鈴木製麺。「オリーブの葉をどうやって練り込むのか?」「ソーメンのように細くするには?」まさに試行錯誤を繰り返してオリーブ麺を作り上げた。挑戦の一品だ。「いいオリーブオイルは苦くて辛いんです。麺にオイルをつけたら、いい味がするんですよ」と松崎さんの言葉に、「新しい食の提案で、人と人をつないでいきたいですね」と答える鈴木さん。「オリーブ麺=いわき」とイメージ付けて、いわきで夢と期待が大きく膨らむ。

※実際、購入していただいた方からの感想を抜粋してご紹介

【アンケート回答・感想】「麺が細いので、硬めに茹でたほうがいい」「ペペロンチーノ、トマト系に合うのでは」「もう少しオリーブ感があれば…」「ふだんお世辞を言わない母が『おいしい!』を連発」93w

 

いつか、いわき産のかつおで●海幸(かいこう)
【かつおジャーキー 25g390
円・税込】

vol30-4-3

 ほんの数年前まで、小名浜はかつおの漁獲高を誇る東北でも有名な漁港のひとつだった。5月のある日、「かつおを使ったジャーキーを作って!!」と食彩館の松崎さんから試作を依頼された海幸・遠藤浩庸さん。「そんな突然、何を言うんだ。簡単にできるものじゃない!」と心の中でつぶやいた。実際、ジャーキーは漬けこむのに時間がかかり、魚をさばくのも手作業でとにかく手間がかかる。また、現場からは「うちは魚屋なのに、なんでジャーキーなんか作るの?」と反発もあった。それでも、かつおにひかれた。難しい仕事だが、引き受けようと思った。「風評被害は仕方のないこと。それを含めてどうするかが課題」と真摯に受け止めながら、「いつあ、いわき産で作ってみたい」と夢を語った。

【アンケート回答・感想】「日本酒に合うのでは」「かつおなのか、わからなかった」「若干、生臭いかな?」「ジャーキーとして問題ない味と固さ」「サラダ、パスタに割いて入れてみました。オリーブ麺に合う」

 

老舗の味を守り続けて●山田屋醸造
【ねぎ味噌かりんとう 70g260
円・税込】

vol30-4-4

いわきで120年続く山田屋醸造は、みそ、しょう油、発酵食品を扱う。「ねぎ味噌かりんとう」は、旨みたっぷり東北の赤みそをブレンドしてオリジナルを作ったという。「子どもや年寄りも気軽に食べられる」とやさしい味が評判です!!

【アンケート回答・感想】「おやつ、お茶うけに満足」「ほかの味も食べてみたい」「お茶よりも、ビールに合う」「予想以上においしかった」「何これ?って思って、もう少し食べてみたくなる」「ねぎ感がほしいなぁ」「最近かりんとうが流行っているようなので、もう一工夫あるといいかも」

 

トピックス●いわき かつおの揚げびたし
「地場もん国民大賞」で審査員賞受賞!

vol30-4-5

日本各地から、地元の特産品を使った自慢の料理をみんなで選ぶ「第1回地場もん国民大賞」(農林水産省主催)。「全国518点の応募から、『ふくしま かつおの揚げびたし』が最終選考20点に選ばれました!」と10月下旬に朗報が届いた。編集部では、おこのみっくすWEBでご紹介し、読者関係者に事前投票の協力をお願い。11月2日、丸の内で開催の「ジャパンフードフェスタ2013」では、来場者が20品から5品を食べ比べて投票。当日は、いわきから松崎さん、金澤さんほか厨房スタッフも駆け付け、おふくろの味「かつおの揚げびたし」を振る舞った。「懐かしい味ね」「福島、応援しているよ!!」お客さんからもたくさんの温かい声援をいただき、翌3日の表彰式では審査員賞「ナンシー八須賞」を受賞(全体では9位!!の快挙)。事前フェイスブックでのご協力、会場に足を運んでくださったみなさまに感謝!!

 

 

■ご注文・問い合わせ
(※現在、中野で取り扱える商品は、七宝まんじゅう、オリーブ麺、かりんとう、ジャーキーのみです)
おこのみっくす編集部「美味いっぴん倶楽部事務局」
TEL:03-5340-3968 FAX:03-5340-3969
E-mail:oconomixmag@f-staffroom.co.jp
中野区内700円以上お買い上げ、無償にてご自宅、勤務場所、学校等々にお届けいたします。
中野区外、区内でお買い上げ700円未満の場合は、郵送料をいただきます。申込時にお問合せください。

 

■松崎協賛 第18弾
マツザキはおこのみっくすマガジンに協賛
中野の元気と東北の明日を応援します!
地域に根付いて52年 松崎ハウジングが応援

本店:中野区上高田2-58—14
TEL:03-3385-5551  http://www.matuzaki.co.jp/


投稿日時 2013-11-11

カテゴリー Vol30, おこのみっくすマガジン

タグ: ,

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

Contents10
2017年2月5日
2月18日開催「いわき×中野」イベント
  来る2月18日(土)は、中野と福島県いわき市を結ぶ催しが2つ!   松﨑康弘ディナーコンサート 18:45~ ★物産市を終えた夜、中野駅南口から3分のナカノバ食堂で、「松﨑康...
o47_otameshi_eye
2017年4月17日
おこのみっくすは「おためしっくす」に
  趣味や習い事、ランチ・ディナーから、美容院もマッサージ、中野通販も初登場! 中野の街で何をするにも、とにかく試して体験・体感してみよう! 『おためしっくす』は、中野で買えるもの・参加で...
o47_history_eye
2017年4月17日
おこのみっくすヒストリー
7年半にわたって中野の情報満載にお届けしてきた「おこのみっくすマガジン」。中野のお店や各種イベント、健康サポート記事、また福島いわきとの交流活動などを掲載してきました。思い返せばいろんなことをやってき...

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可