おこのみっくすは「おためしっくす」に

o47_otameshi_title01
 
o47_otameshi_title02

 趣味や習い事、ランチ・ディナーから、美容院もマッサージ、中野通販も初登場! 中野の街で何をするにも、とにかく試して体験・体感してみよう!
 『おためしっくす』は、中野で買えるもの・参加できるもの、全ての出会いを身近に・お得に紹介する新セレクトマガジンです。もちろん“お・た・め・し”だから“お・と・く・に”試せるモノばかり。さあ、『おためしっくす』を持って街に出かけよう! ※ハンディサイズ・約100ページの第1号はお試し価格に挑戦します!

 

★現在企画進行中の『おためしっくす』の概要を簡単にご紹介します

 

o47_otameshi01 中野の多種多様なお店・教室・趣味・サークル・施設・イベントなどに、編集部と一緒に読者が突撃潜入取材する記事コーナー。記事ごとにお得な「お試し体験券」付き。見て・聞くだけでは分からない、「お試し取材隊」の実体験に基づく生の情報をお届けします。(一部JR高円寺駅周辺にも展開予定) o47_otameshi02
 
o47_otameshi03 格安の「お試し価格」でお店のおすすめメニューを食べたり、買ったりできる、お店&商品の紹介コーナー。サービスを受けるには『おためしっくす』を持ってお店に行くだけ! お店に行けば行くほど、得しちゃいます♪ 昔のランパスを彷彿とさせつつ。もっとHOTにチャレンジングに! o47_otameshi02
 
o47_otameshi05 同じ中野でも、遠いお店にはなかなか足をのばせない!普段食べているおいしいものを、自宅に取り寄せたり、知人に送りたい!——そんな読者の皆さんの希望に応えるべく、こちらも「お試し価格」でお取り寄せ商品をご用意。みんなで「中野ブランド」を楽しもう・トライアル編 o47_otameshi06
 
o47_otameshi07 上記「お試し取材」で紹介した記事に関する講習会・教室・セミナー等を随時開催予定。共通の趣味や興味を持つ仲間も見つけられる! 『おためしっくす』の記事を読んで、お試し読者交流の場にどしどしご参加ください! 福島いわきのオリーブの森・お試しバスツアーもお楽しみに! o47_otameshi08
 
o47_otameshi09 上記「お試し商品」の中から、読者の皆さんがたくさんトライした商品(お店)をランキング、「中野で一番気になる商品」として表彰します。みんなで、中野No.1人気メニューを決めよう! 合わせて、「中野で一番お試しチャレンジしたタメシストNo.1」に特別賞を授与! o47_otameshi10
 
o47_otameshi11 各地域の商店・企業等にご協力をいただき、『おためしっくす』の様々なサービスの窓口・直販所を開設。おためしっくすが目指すのは、みんなで協力して作る、みんなの為のサービスです。本誌が買える、情報提供から通販商品購入・受取、講習会の申し込みなど、お気軽にお立ち寄りください。 o47_otameshi12

 

★『おためしっくす』創刊号は7月の発行を目指しております。乞うご期待!

 

o47_otameshi_title03
 弊社エフ・スタッフルームの新規事業部門として立ち上げた「おこのみっくすマガジン&Web」が、この47号をもって読み切り・おしまいとさせて頂くことに。中野という街の新参ものとして登場以来、よくぞタウン誌としてここまで来たものだと、思い起こして7年半。毎号楽しみにしていただいた読者の皆さんから、松﨑ハウジングをはじめとする「おこのみっくす会員」店、協賛企業、商店街、商業団体、イベントのたびにご協力願った飲食店オーナーからボランティア各位、600か所を超えるマガジン設置協力店、専門学校中心に先生・生徒さんたちにもお世話になりました。JR中野駅には諸々ご協力いただき、逸品グランプリ以来の中野区対応にも感謝です。新井薬師梅照院の復興イベント・縁が輪市は忘れようもありません。御礼行き届きませんが、誌面にて皆々様に厚く御礼申し上げます。
 さて、おこのみっくすは卒業致しますが、これまで御教え戴いた中野の情報・人とのつながりを大切に、新たに「お試し」なるコンセプトで世にもまれなる新雑誌を7月創刊、エリア限定・定期刊行誌として発売させていただきます。紙媒体の売れないご時世に、あえてフリーペーパーから出版業界へ、書店はじめ直販をお引き受け頂ける各商店等々のご協力を得ながら、新雑誌が皆さまがたのお目にとまる日を楽しみに、改めましてお引き立てのほどを! 我が町・中野で一番面白くてタメになる! 微力ながら実のある貢献を街のすみずみまで及ぼしたい! 第二の故郷・福島いわきオリーブの森が末広がりになる頃までは、やっぱりこの街で生きてやる!とまあ、風流人とは程遠く(T会長、ごめんなさい。どうにも人間変われません)。この歳にして大熱狂・大風呂敷の藤原節、語るに落ちるか? いや増して、有志・同胞の皆さまとご一緒に、きっと目にものお見せしましょう。読者の皆様…一度手に取れば病みつき! お試し体験が目白押し! 新たな一歩で私流発見にお役立ち!

 
 
 


投稿日時 2017-04-17

カテゴリー Vol47, おこのみっくすマガジン

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

o47_history_eye
2017年4月17日
おこのみっくすヒストリー
7年半にわたって中野の情報満載にお届けしてきた「おこのみっくすマガジン」。中野のお店や各種イベント、健康サポート記事、また福島いわきとの交流活動などを掲載してきました。思い返せばいろんなことをやってき...
Contents10
2017年2月5日
2月18日開催「いわき×中野」イベント
  来る2月18日(土)は、中野と福島県いわき市を結ぶ催しが2つ!   松﨑康弘ディナーコンサート 18:45~ ★物産市を終えた夜、中野駅南口から3分のナカノバ食堂で、「松﨑康...
Contents06
2017年2月22日
特集・なかの健康ライフ(3)【酸素カプセル東京エアフロー】
  「世の中が便利になりすぎて、簡単に健康を取り戻せると過信されている方が多い。健康な身体を手に入れるには、地道に一歩一歩しっかり努力するしかないのです」と真っすぐな瞳で語る長谷川恭子先生...

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可