[マガジンVol22]第2回中野×いわき 「オリーブのはばたき」交流プロジェクト


 


根が出た!!芽も出た!!勇気出た!!思いはひとつ。
「育てオリーブ、みんなでいわきに!」

6月16日、早朝から会場準備に向けて、新井薬師梅照院・大悲殿にはスタッフが続々と集まる。ぽつぽつと降る小雨にも、だれひとり動じることなどない。「第2回オリーブの挿し木ワークショップ」は、第1回開催から約4ヵ月を経て、いよいよ本番!「挿し木の様子を見て欲しい!」「枯らしてしまって、ごめんなさい…」と第1回参加者・1期生の思いの深さを知るにつれ、今度こそ前回以上によりよい挿し木ができるように、とオリーブのはばたき事務局は準備を重ねてきた。いわきオリーブプロジェクト研究会の松崎さんを中心に、和光園・早舩さんからのアドバイスも受けながら、反省とともに新たな試みも。今回は、同研究会メンバーであり、園芸家の芦澤さんが講師となって協力。そして、いままで育ててきた挿し木をプランターごと会場に持参していただき健康診断を実施することに。1期生23人、オリーブの挿し木に初挑戦の2期生66人、総勢89人!! スタート時は、緊張気味だった参加者に対して、やさしくユーモアを交えた芦澤さんの指導は、みんなの表情を納得と笑顔に変えていく。ワークショップを終えれば、お楽しみの交流会へ。オリーブオイルを飲み比べ、オリーブ料理に舌鼓して、多くの協賛・協力をいただいたみなさんに感謝!! 1期生、2期生の参加者同士、いわきのメンバーとの交流も深まる。「しっかり挿し木を育てて、いわきに植えに行こう!」。この日、みんなの思いはひとつになった。

【オリーブのはばたき・今後の企画】

中野で挿し木を育ててくださる、これから育てよう、何かしら協力したいと お考えの皆さんへ…これからのスケジュール・企画をお伝えします!
※諸般の事情により実施できない場合も。出来る限り前もって、実施の有無と要項詳細をお知らせしますので、ご了解ください

2012年10~11月
①いわきの圃場見学バスツアー(有料)
※ご協賛・ご協力いただける企業募集中! 特にバス会社や旅行代理店など、いわきへ挿し木ワークショップ参加・協力者を運ぶお手伝いをお願い出来ればと考えております。
<いわきで何をするの?>
 ・オリーブの圃場を見学、農作業のお手伝いを通じて、オリーブ農園実習
 ・スパリゾートハワイアンの温泉で日帰りか一泊を企画中
※今回、挿し木いただいたオリーブは、まだ地植えできるまでに育っていないので、いわきへの挿し木の持ち込みはいたしません。
②6/16に挿し木したオリーブは、各自自宅で1回目の植え替えを今秋に実施(ご要望が多い場合は、中野にて第3回目の「ワークショップ(挿し木健康診断と植え替え)」の開催も検討します。   

2013年 4~5月
1回目の植え替えを終えた根の付いた挿し木を、いよいよいわきに持ち込むバスツアーを実施予定(有料)。ただし、この時期になっても、まだ地植えに適した 強い苗木には育っていないので、いわきのビニール・ハウス等で育てる「鉢替え」を、いわきの地で実施いただきます。この時点で参加者は育ててきたオリーブ を手離して、いわきオリーブプロジェクト研究会に預けることに。もちろん、皆さんの挿し木と一目でわかるようプレートなどで、お名前等を明示させていただ きます。

【その後のオリーブのはばたき計画】

2013年10~11月
いわきで既に根付いているオリーブの樹から実の収穫を体験するバスツアーを企画。  

2014年 4~5月
みなさんの鉢植えのオリーブを、自分の手でついに圃場へ地植えしていただきます。
※但し、生育状況によっては、もう1年間我慢して、翌年の春に地植えがずれ込むこともあります。
★地植えして3~4年後の2017~18年頃、オリーブの実がなる時期に。さらに、その1~2年後の2019~20年頃には、3mほどの高さになって、皆 さんが挿し木から育てたオリーブの樹が、数多くの実をならし、商品として収穫できる期待に胸が膨らみます。スペインのオリーブ畑のように甦ったいわきへ、 さあ、中野から福島へ! 

第2回 中野×いわき「オリーブのはばたき」交流プロジェクト

【主催】
「オリーブのはばたき」事務局(おこのみっくす編集部/㈱エフ・スタッフルーム)
いわきオリーブプロジェクト研究会

【ご協力】
はあべすと(いわき市の園芸店/いわき研究会メンバー)
和光園(中野区鷺宮/準備・技術指導)
新井薬師梅照院(会場提供)
JR中野駅(告知協力)
関東バス(告知協力)
高尾農園(小豆島のオリーブ農園/枝の提供)
小豆島町役場(資料提供)
カンチェーミ・コーポレーション(イタリア食材の輸入販売/物品企画協力)
トラットリア・イル・フォルネッロ(中野区中野/料理提供)
ビストロ・シェ・オノ(中野区中野/料理提供)
とうふ屋大楽(いわき市のとうふ屋/商品提供)
つがるフルーツ(中野区鷺宮/商品提供)
コクシネル(中野区沼袋/商品提供)
芳林堂書店新井薬師前駅店(中野区上高田/物品協力)
Lampada(中野区新井の雑貨店/物品協力)
MUFRIX(練馬区の映像制作会社/撮影協力)
mark8tokyo(中野区鷺宮/会場設営協力)
ave(福島出身のアーティスト/イメージビデオへの楽曲提供)
(順不同/敬称略)

 

マガジンVol22 目次へ


投稿日時 2012-07-25

カテゴリー Vol22, おこのみっくすマガジン

タグ:

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

該当記事が見当たりません

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可