中野健康プロジェクト「こしだ歯科シリーズ⑩」

リニューアルオープン記念
沼袋のワンダーランド!?

こしだ歯科 徹底探検レポート

vol33-5-1

「無事にリニューアルオープンしました! ぜひ取材に来てください」とこしだ歯科医院の奥様・七重さんから電話をいただいたのが4月21日。ついに1階へ!! スペースも広くなり、長年の夢だった人形・おもちゃ専用の棚も設置されたという。「本当に歯医者さんなの!?」「テーマパークみたい!!」さまざまな憶測、思惑が飛び交う中、カメラマンとともに徹底取材してきました。七重さんを案内役に、リニューアルオープンしたこしだ歯科のすべてを一挙公開します!! はじまり、はじまり~

vol33-5-5
▲洗面所とトイレは、ジャングルをイメージ。ドアを開けると、滝の絵に鳥が鳴く~♪

vol33-5-2
▲海の中にいるみたい~!! 潜水艦をイメージしたレントゲン室は、低減された放射線量のデジタル方式

vol33-5-3
▲通路には、アメリカのハリウットスターなど5つのショーケースが並ぶ。目玉は、ファッションセンス抜群のバービー人形!!実は、七重さんは日本バービーファンクラブの会長なのです

vol33-5-4
▲白い壁に木目調の棚で落ち着いた雰囲気の受付。かわいらしい人形に目が奪われる~!! 殺菌スリッパでいつでもクリーン!!

 

痛い入れ歯に、さようなら!!
こしだ歯科・編集部レポートシリーズ第10弾

vol33-5-8

引き続き、こしだ歯科が力を入れている「骨太治療」の入れ歯についてご紹介します。前号は“落ちる入れ歯”について。今号は、“痛い入
れ歯”について(一口に入れ歯といっても症状はいろいろあるのです!!)、江古田在住・小山博子さん(90歳)の様子をレポートします。

●歳だから…とあきらめていた
体を動かすことが好きな小山さん。いぜん通っていた体操クラブで、入れ歯の具合がよくないことを話したところ、メンバーのひとりが紹介してくれたのがこしだ歯科だった。ウォーキングも兼ねて、自宅から15分ほどのこしだ歯科に通い始めた。歯が痛くなるとすぐに先生に相談、治療は的確だった。以来、「ずっと先生一筋だったんですよ」とほほえむ小山さん。ところがここ最近、治療してもらっても、調子はいい時が短くなってきた。何度も先生に相談するのは悪い。歳だから、行っても仕方ない…と半ばあきらめていたという。

●ごはんは、飲みこんでいた
「あごの中で入れ歯が踊っているみたいで、ごはんはほとんど飲みこんでいた…」と申し訳なさそうに話す小山さんを見ながら、「そんな時こそ、遠慮しないでうちに来てください!!」と力強く答える越田先生。入れ歯が合わなくなると、市販の安定剤で固定することはままある。口の中のおさまりはよくなるが、独特のにおいで食欲がなくなったり、刺激が強すぎて炎症ができたり…悩みを抱える人は意外に多いという。先生曰く、「高齢になると、歯を支えるあごの骨がやせてくるのはある意味当然。入れ歯に当たるピンク色の粘膜の面は、合わなくなると痛みが出てくるので、都度口に合わせて削ったり調整するのが一番ですよ」と。入れ歯が合わないと思ったら、気兼ねなく歯医者に相談してほしいのだ。

vol33-5-7

●痛くない入れ歯はうれしい
「ちょっと見せてください」小山さんの入れ歯を手に取った先生は、あごに当たるピンク色の部分に白いペーストを塗り、口に戻した。数秒後、取り出してみると盛り上がった土手の一部にペーストがなくなっていた。「入れ歯があごの骨に合わなくて、キズになっていますね。少し削りましょう。」と小山さんと確認しながら作業を進めていく。調整した入れ歯を試し噛みしてもらうと「まったく痛くありません!!」と
笑顔の小山さんは、足取り軽く帰っていった、痛くない入れ歯が、こんなに人を明るくすることを実感しました。「お任せされたら、なんとか結果を出したい」と越田先生の言葉には偽りはない。次号では、インプラントの治療をご紹介します。

●こしだ歯科は、25年目を迎えました
vol33-5-9
中野区沼袋2-30-6 Kビル1F ※西武新宿線沼袋駅から徒歩3分
TEL03-3387-4188 www.koshida-shika.com
【診察】9:30~12:30/15:00~20:00
★変更⇒月・水は21:30まで 土は16:00まで診療
【休診】日・木・祝※予約優先
www.facebook.com/koshidashika


投稿日時 2014-05-29

カテゴリー Vol33, おこのみっくすマガジン

タグ: , ,

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

該当記事が見当たりません

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可