なかの健康プロジェクト「こしだ歯科シリーズ⑨」

落ちない入れ歯に、ありがとう!!

kosida2147

こしだ歯科医院で行う「骨太の治療」のひとつ、今回は入れ歯についてご紹介します。上高田在住の白石一治さん(90歳)の治療の様子をレポートします。

●落ちる!痛い!! は当たり前?
1年ほど前に、入れ歯を新しくした白石さん。せっかくだからいいものを作りたいと、予想以上の高額に。それなのに…ものを食べると、シーソーみたいにぐらぐらする。なぜ?「まるで、入れ歯に口を合わせるみたいだった」と当時を振り返る。この入れ歯は、安定剤を塗らないと使えず、歯ぐきに炎症が起って食事ができない日が続いた。別の歯科医に相談したい!! 昨年末にインターネットでたどり着いたのが、こ
しだ歯科だった。

●トラブルなしで毎日快適に!!
通常、入れ歯が出来上がるまで、型をとって噛み合わせを確認、歯を並べて仕上げるのにおよそ3週間かかる。基本的には歯科技工士に依頼するが、急ぎや細かい仕事は越田先生が行うこともある。歯ぐきに直接当たるピンクの部分は、患者さんの口内の凹凸に合わせるように少しずつ削って微調整。その姿は職人のようだ。白石さんが待ちに待った入れ歯は、「吸いつくように、ピッタリおさまった!!」と顔がほころぶほど。以後、トラブルもなく快適に過ごしている。高価だから、いい入れ歯というわけではない。どれだけ、その人に合うものを作れるかが
重要なのだ。それは技術であり、患者さんへの思いでもある。

kosida2264

●定期的なメンテナンスが必要
一度作った入れ歯でも、毎日使えば摩耗する部分も出て痛んでくる。ある意味、それは仕方のないこと。入れ歯が合うように調整すれば、痛みは減る。「面倒でしょうけれど、定期的に通ってほしい」と越田先生。そうやって、入れ歯と付き合っていくことも知ってほしい。「これからも、先生を頼りにしたい」と白石さんは話す。もうひとり、入れ歯で悩んでいた患者さんを次号でご紹介。つづく…。

kosida2338

●この春から1階!こしだ歯科 お待たせしました。4月にリニューアル
中野区沼袋2-30-6 Kビル1F ※西武新宿線沼袋駅から徒歩3分
TEL03-3387-4188 www.koshida-shika.com
【診察】9:30~12:30/15:00~20:00
※月・水は22:00まで 土は15:00まで診療
【休診】日・木・祝※予約優先
www.facebook.com/koshidashika


投稿日時 2014-03-26

カテゴリー Vol32, おこのみっくすマガジン

タグ: , , ,

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

該当記事が見当たりません

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可