こしだ歯科「いつまでも自分の歯で!!」

シリーズ第5弾こしだ歯科・編集部レポート
「ご紹介したい患者さんがいます!」と越田先生の弾んだ声に、おこのみっくす編集部が駆け付けた。沼袋に住んで間もない森下さんは、マガジンを読んでこしだ歯科に決めたという。さっそく診察のかたわら、食事や生活で気をつけていることを伺った。今回は、越田先生からみなさんにお知らせしたい治療のお話も。今後の参考に、ぜひご覧ください。

いつまでも、自分の歯で食べられるように!!

kosida

●76歳、すべて自分の歯です
4月から、こしだ歯科に通いはじめた森下さん。「生まれて初めて、自分の歯をほめられました」とはずかしそうに笑う。その口元には、きれいな歯が並ぶ。現在76歳。いままで1本も歯を抜いたことがなく、すべて自分の歯だという森下さんの子どもの時代は、戦争真っただ中。甘いものが欲しくなると、畑のさとうきびを噛んでほのかな甘さを味わった。「虫歯になりやすい時期に、お菓子みたいな甘いものを食べず、固いものをよく噛んでいたから、きっと歯の状態が全体的にいいんでしょうね」と越田先生は分析する。そんな森下さんの生活の一部を教えてもらうことに。

●理想的な食事&生活!!
野菜好きで、肉・魚も何でも食べる森下さんだが、「ハンバーグなど柔らかい料理が続くと、スルメやコンブなど固い物が欲しくなる」。長年の経験や習慣から、噛みしめる食べ物を歯や体が欲する体質になっているようだ。毎食後の歯みがきを欠かさないよう、気をつける。歯ブラシは市販のものを使い、「当たりにくい奥歯用は、子ども用で磨く」という工夫。歯ぐきを傷めないように、デンタルフロス(歯の間の歯垢を取る糸)の併用。さらに、1万歩目標のウォーキングやスクワットを行って足腰を鍛えるなど、理想的な生活を送る森下さん。みなさんも、ぜひ参考にしてください。

●噛む力を維持するために
「患者さんの歯をどうやって残して、噛む機能を維持できるか」を第一に、こしだ歯科では治療を行う。一般的に、ひどい虫歯や親知らずは抜かれることが多いが、「神経を取り除く“根管治療”がきちんと行われれば、腫れや痛みが完治することも多くあります」と越田先生。高度な技術と豊富な経験を必要とする根管治療は先生の得意分野。患者さんの多様な症状に応じた治療に努力は惜しまない。10年後、20年後も自分の歯で楽しく食事をするために、専門治療は必要です!!

 

●トントントン2階へ上がれば、こしだ歯科
中野区沼袋2-30-6 Kビル2F ※西武新宿線沼袋駅から徒歩
3分。TEL03-3387-4188 www.koshida-shika.com 
休診/日・木・祝 ※予約優先
9:30~12:30/14:30~20:00 

※月・水は22:00まで、土は15:00まで診療
Facebookもやっています


投稿日時 2013-06-18

カテゴリー Vol27

タグ: , ,

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

marutoku
2016年9月24日
おこのみっくすマル得情報
[caption id="attachment_19040" align="aligncenter" width="600"] ■ナカノバ食堂[/caption] [caption id="atta...
p28-29yajima_title1
2016年9月23日
やじま接骨院、本誌初登場!
中野生まれ・中野育ちの若手の台頭が心強い昨今。とはいえ、自営業で乱立・大競合時代を迎えている、いわゆる整骨・整体業では既に「何をもって貴しと成す」か、身体の痛みや不具合を訴える患者側も迷走気味で、い...
p18-19sensui_title1
2016年9月23日
泉水カイロプラクティック院の姿勢矯正
  江古田の閑静な住宅街で評判のカイロプラクティック院で、患者さん一人ひとりとじっくり向き合う泉水院長先生の診察の様子をレポートする第3弾。今回は、泉水先生が最も重要視し、得意とする姿勢矯...

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可