[マガジンVol.26]あいロード商店街が、 カラフルなキャンバスに!!

3月23日、チョークを手にしたアーティスト15人が薬師あいロード商店街(新井)に登場!! 通りがかりの人たちを巻き込んで参加型ライブペインティングを行った。「子ども顔負けに遊ぶアーティスト集団~カラフルラブ」は中野区を中心に都内各地で活動。あいロードでは昨年9月に続き2回目、商店街理事長・星野さんのリクエストで実現した。 新井在住の代表・笠井成樹さんは「描き始めると、子どもから高齢者、障がいをもつ方など多様な人たちが自然につながっていく。楽しく遊びながら地域の人をつなぎ社会を変えていきたい」と話してくれた。


投稿日時 2013-04-15

カテゴリー Vol26, おこのみっくすマガジン

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

Contents05
2017年2月22日
特集・なかの健康ライフ(2)【ゴールドジム】
   「ゴールドジムって、ボディビルダーやスポーツ選手が通うイメージでちょっと気後れしちゃう」――なんて思っているアナタ、本当にもったいないですよ! おこのみっくすマガジンが取材を始めて5...
▲いわき産オリーブ(品種・レッチーノ)の塩漬け。お酒にピッタリ!
2016年12月4日
いわきオリーブ2016収穫祭に参加して
10月8・9日、中野からも「オリーブのはばたきの会」ボランティア一行40名超がいわきへ。雨天ながらも2日間の作業で140㎏を上回る成果! 11月12日には再び収穫祭フィナーレにも参加しました。来年の...
p2-3_01-2
2016年12月2日
新・中野駅長にインタビュー
  石にかじりついてでも家族を養う  昭和53年4月、国鉄入社以来さまざまな職場に身を置き、あらゆる職務に就いてきた。それは決して楽な行路ではなく、時には茨の道であっただろうが、飽くなき向...

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可