「オリーブのはばたき」いわきへ行こう!バスツアー

雨の中野から笑顔満開の福島・いわきへ
やっぱりオリーブっていいなあ! いわきっていいなあ!

2012年11月23日、勤労感謝の祝日。集合場所の中野区役所前、朝7時半、見上げる空はどんより曇天。そして…やっぱりか…ぽつぽつと冷たい雨が降り出した。1年前に始まった「オリーブのはばたきプロジェクト」がいよいよ、「いわき行きバスツアー」に実を結ぶ今日なのに、雨だなんて。

   

知る人ぞ知る、おこのみっくす主催の行事は天気に恵まれないというジンクスがある。昨年まで開催したチャリティーイベント「絆の街・縁が輪市」では何度も雨に遭遇。昨年6月のオリーブワークショップもそういえば雨だった。勢い、雨男疑惑の目は責任者であるおこのみっくす編集長に向けられる。ツアーの参加者の中にそのジンクスをご存じの方もいて、福島へ向けて出発したバス車中では「私は晴れ女だから今日は藤原編集長に負けないように頑張るわ!」など頼もしい(?)声が飛び交う。

そして! 40人を乗せて常磐道をひた走るバスがいよいよいわき市に入り、最後のトイレ休憩PAに着く頃になると、うっすら陽が指すほどに天気が回復! 辺りの山並みの見事な紅葉景色に目を奪われつつ、いわきオリーブプロジェクト研究会の皆さんが待つオリーブ農園に一行は到着。そこにはすでに朝からボランティアとして駆けつけたいわき市立湯本第二中学校の生徒達12人の姿が。澤井校長先生、お久しぶりです! いわきと中野、中学生の皆さんが顔を合わせて、さあ、これからオリーブの植え替え作業のお手伝いだ!

   

作業は2グループに分かれて、芦澤さん、木田さんたち研究会メンバーに教えていただきながら、1~2mに育った苗木をオリーブの種類ごとに運び、土をすくい、新しい鉢へ…。ビニールハウス内での作業のためうっすら汗はにじみ、日頃の運動不足がたたって足腰が情けなくも軋み出したころ、お待ちかねのランチタイム。研究会代表の松﨑さんは、実業家であると同時に音楽家としても著名、料理にもこだわる本当に多才な方。松﨑さん手作りのオリーブ入りピザ、具沢山の熱々の汁、オムレツ…。ほくほく、はふはふ、おかわり~!

いわきの農業の復興は未だ厳しい状況にある。農業収入の回復は昨秋の時点で70%弱に留まり(いわき市調べ)、震災被害ののち耕作放棄地となってしまったままの農地も多いという。それでもハウスの裏から360度広がる田園風景は、ゴミゴミした東京暮らしの人間には見ているだけで清々しい気持ちになれる。そうだ、深呼吸しよう。

   

午後の作業が終わると、そこには植え替えたオリーブの鉢がずらり。元気で育ってね、と心の中で呼びかける。「予定の1.5倍の作業が進みましたよ」。研究会メンバーからのねぎらいの言葉にひと安心。次はまだ実が残る数種のオリーブの木が並ぶ農園を見学。これがネバディロ、これがルッカ。今日の記念に緑色の、あるいは濃紫色の実をもいで、1枝に1枚だけあるというハート型のオリーブの葉っぱを探して…あっという間に夕刻だ。

   

湯本二中の皆さんに別れを告げ、バスは湯本温泉の老舗旅館・古滝屋(ふるたきや)へ。若だんなの里見さんが一行を出迎える。と、その傍らには初老の男性がお一人。参加者・大野さんのもう一つの目的は、小学生時代の同級生との再会。この友人はいわき在住、ツアーを機会に古滝屋で会う約束をしていた。年賀状だけのやりとりで親交を続けて、直接会うのは60年ぶり。お互い見分けがつかないのでは?と不安で一杯…ところが! ロビーで顔を合わせた二人、引き寄せられるように「大野君!」「鵜沼君!」。見守る一行から沸き起こる拍手 ! 待ち合わせが成功してよかった~ ! 積もる話に時間は足りなかったことと思いますが。

   

一行は掛け流しの天然温泉で汗を流して、名残を惜しみつつ帰路へ。松﨑さんが運営するスカイストアのお弁当に舌鼓を打ち、ほどよい疲れにウトウト…そして無事中野に到着。皆さんお疲れ様でした。「手作りの温かいツアー、楽しかった」「また参加します! 」と参加者の皆さんから口々に言っていただき、スタッフ一同、ほっこり。そして何より、忙しいなか準備を進め一行を心づくしに迎えてくださったいわきオリーブプロジェクト研究会の皆さん、本当にありがとうございました。また必ず、いわきへ行きます!

 

ツアー参加者から嬉しいお便りが編集部に届きました

■持田なほちゃんより
 「こんにちは このあいだのオリーブの植えかえ作業、とても楽しかったです。特に楽しかったのが、1回目にやったポットの中にオリーブを入れ、土を入れる作業が勉強になったし楽しかったです。オリーブのお料理もとてもおいしかったです。特に、オリーブのピザがおいしかったです」

■銅版画家・大野弘道さんより

 ★バスツアーにご協力いただいた皆さん
■いわきいきいき食彩館 スカイストア ■ガーデンショップ はあべすと(いわき市) ■和光園(中野区鷺宮)
■福島県いわき湯本温泉 古滝屋 ■ひなさく堂(中野区野方※2/23以降は練馬区) ■手作り菓子アビニヨン(中野区沼袋)
■旅行企画・実施/有限会社リボーン〈エコツーリズム・ネットワーク〉

 

【いわきオリーブプロジェクト研究会】
震災前の2009年から活動を開始し、オリーブ栽培と加工品開発によって、いわき地域の農業の活性化を目指している。2012年秋の時点でオリーブ農場数は27まで拡大、2500本のオリーブを植栽した。

【中野のオリーブのはばたきプロジェクト】
いわきのオリーブプロジェクトを応援しようと「おこのみっくす」が昨年スタートさせた。オリーブのワークショップを開催し参加者にオリーブの苗木を育てていただくなど、いわきとの交流を深めている。



投稿日時 2013-02-04

カテゴリー 未分類

 この記事を見た人には、こんな記事もオススメ:

該当記事が見当たりません

この記事にコメントを書く

※名前はニックネーム可